2024年7月10日水曜日

雨垂れ一滴

快進撃の『 #虎と翼』で、最高裁判事の退任挨拶をした #穂高#小林薫)に #寅子#伊藤沙莉)がかみついた。穂高がやってきたことすべてが「大岩に落ちた #雨垂れの一滴 にすぎなかった」という後ろ向きさに、寅子は敬意を怒りにかえてぶつけた名シーンだ。片や、 #放射能汚染 を追いかけた映画「 #X年後」の第一作で「赤いカニの子が小さい穴を開けて、それが堰を切るときがある」と地道な報道の役割を表現した #伊東英朗 監督は、全米の放射能汚染の実態を描いた第三作を2カ月間上映するため、あした11日渡米する。Likes:106 Comments:4