2024年5月14日火曜日

No Damege, No Life.

実は、 #川名マッキー 氏の「 #NoDamage_NoLife.」写真展のモデルになっている。私はいずれ脳にダメージをくらうのでその予行演習で選ばれたのかもしれない。マッキー師匠が直感で選んだ10人を集めて「手前は #ライトサイド。奥は #ダークサイド。どちらに転ぶのか。そういう気持ちを込めて撮影した」という。 #ラフな黒い着崩しで派手に という難題に私以外はしっかり応えたが、元業界の普段着な黒一色には慣れていたものの、私だけ #とほほなダークサイド。上大岡の再開発ビルにある #ラポール上大岡 で5/17〜27。Likes:125 Comments:2 Share:3
 

『No Damage, No Life. 脳ダメージがあってこその、人生』
右片麻痺、左片麻痺、失語症。脳にダメージを受けた3人のフォトグラファーが出会い、それぞれのLife(生活、生命、人生)を写真で表現します。
日程 5月17日(金)~27日(月)※21日(火)は休館日
時間 10:00~16:00
会場 ラポール上大岡8階「展示コーナー」
横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー6~8F
「オフィスタワー」2階のメインエントランスより、 低層用エレベーターで8階へお上がりください。
 

川名マッキー氏は「脳にダメージを受けた方だけでなくさまざまな障害をもった方、精神的にダメージを受けた方、そして、障害があるご家族をお持ちの方に見てほしいという思いを込めた。タイトルの『No Damege, No Life.』は『脳にダメージを受けたら、もう人生おしまい』という意味にも解釈できる。脳卒中になり後遺症を抱えている方の中にはそう感じている方も少なくないだろう。だが、私たちは変わった。私たちには写真がある。写真がコミュニケーションの一部なのだ。生きる力を与えらるような写真展になれば」と言っている。